ファッション

アイウエアのセレクト「ブリンク」が創業77年を記念し新モデルをリリース

 アイウエアのセレクトショップ「ブリンク」は、新モデル“エルダー_アラオカガンキョウ(ELDER_ARAOKAGANKYO)”を6月18日にリリースする。

 同モデルは、「ブリンク」の前身である「荒岡眼鏡」から数え、創業77年を記念し発表するもので、プロダクトデザインは、デザイナーの二俣公一が手掛ける。デザインは創業者・荒岡秀吉が生涯愛用し続けた、眉をデザインに落とし込んだブロウラインがポイント。一般的なブロウラインは、メタルとアセテートのコンビネーションで知られているが、同モデルはアセテートのみを使用した。テンプルの内側には、グラフィックデザイナーの長嶋りかこによるロゴデザインが施されている。なお、製造は福井県鯖江市の眼鏡工場、タニグチ オプティカルが行う。

 価格は眼鏡が3万7000円、サングラスタイプが3万9000円で、カラーはピアノブラック、ブラウンササ、カーキブラウン、ブラウンハバナの4色。「ブリンク」と「ブリンク・ベース」で販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら