ニュース

アイウエアのセレクト「ブリンク」が創業77年を記念し新モデルをリリース

 アイウエアのセレクトショップ「ブリンク」は、新モデル“エルダー_アラオカガンキョウ(ELDER_ARAOKAGANKYO)”を6月18日にリリースする。

 同モデルは、「ブリンク」の前身である「荒岡眼鏡」から数え、創業77年を記念し発表するもので、プロダクトデザインは、デザイナーの二俣公一が手掛ける。デザインは創業者・荒岡秀吉が生涯愛用し続けた、眉をデザインに落とし込んだブロウラインがポイント。一般的なブロウラインは、メタルとアセテートのコンビネーションで知られているが、同モデルはアセテートのみを使用した。テンプルの内側には、グラフィックデザイナーの長嶋りかこによるロゴデザインが施されている。なお、製造は福井県鯖江市の眼鏡工場、タニグチ オプティカルが行う。

 価格は眼鏡が3万7000円、サングラスタイプが3万9000円で、カラーはピアノブラック、ブラウンササ、カーキブラウン、ブラウンハバナの4色。「ブリンク」と「ブリンク・ベース」で販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら