ファッション

「ナノ オルター」が高木完とコラボ 内田裕也の写真プリントと浅野忠信のバンドのロゴTも

 ナノ・ユニバースと編集者デッツ松田による新レーベル「ナノ オルター(NANO ALTER)」は、音楽プロデューサーの高木完が手掛ける「ダル(DAL)」とコラボレーションしたTシャツを6月17日に発売する。同シリーズは、ロックやヒップホップからインスパイアされた3型のTシャツを「ナノ・ユニバース」の限定店舗とウェブで販売する。

 1980年代、写真家のボブ・グルーエン(Bob Gruen)がスーツでハドソン川を泳ぐ内田裕也を撮影した写真をプリントしたTシャツには、「My Way」の歌詞とバックには“YUYA UCHIDA”と“BOB GRUEN”のクレジットをプリント。浅野忠信が率いるバンド、ソーダ(SODA!)のロゴをストレッチのエフェクトで変形させてプリントしたTシャツと、80年代から続くレコードレーベル、ダルジャム(DAL JAM)へのオマージュとして、縦ロゴとターンテーブルをプリントしたTシャツの計3型で構成する。価格はいずれも6000円。

「ダル」はDJや音楽プロデューサー、クリエイティブ・ディレクターとして活躍する高木完が、2015年にスタートしたブランド。「ダル」というブランド名には、“ここからもう一度始める”という意味のイタリア語“ダルセーニョ”や、敬愛するアーティスト、ゲイリー・パンターの作品“ダル トーキョー(Dal Tokyo)”からインスパイアされた意味を包括する。自身のキャリアにおいて、影響を受けてきたロックやパンク、ヒップホップといった音楽のカルチャーを色濃く反映したコレクションを発表している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。