ファッション

時計「ブライトリング」 まずは中国でEC戦略を本格化

 投資会社CVCキャピタル・パートナーズ(CVC CAPITAL PARTNERS)傘下のスイスの時計ブランド「ブライトリング(BREITLING)」は、中国最大手のEC企業アリババ(ALIBABA)が運営する「Tモール(T-MALL)」に20日、ストアを開設する。

 中国・北京で記者会見を行ったジョージ・カーン(Georges Kern)最高経営責任者(CEO)は、「17日には、中国版のSNSウィーチャット(WeChat)内にもストアをオープンした。現在は新作の“プレミエ・コレクション”のみを販売するが、プロモーション期間後に取り扱いモデルを増やす。『Tモール』のストアでは20日からフルコレクションをそろえる」とコメントした。さらに中国向けのオフィシャルサイトでも「12月中旬からECをスタートする」という。

 カーンCEOは10月に東京で行われた記者会見で、「残念ながら『ブライトリング』は、デジタル分野において能動的とは言えなかった。そこでCEO着任と同時にデジタルチームを編成した」と述べており、「Tモール」、ウィーチャット、オフィシャルサイトの3つのデジタルチャネルで、ブランド認知度の低い“未開拓の地”中国本土にアプローチする。同ブランドは8日に米国でもECをローンチしている。日本でのEC展開は未定だが、ブライトリング・ジャパンではデジタルマーケティング専任の人材を増やしている。

 カーンCEOは、1992年にタグ・ホイヤー(TAG HEUER)でウオッチ業界でのキャリアをスタート。2002年から16年まではIWCのCEOを務め、ブランドを再建した実績を持つ。17年までコンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT)でヘッド・オブ・ウオッチメイキング・マーケティング・アンド・デジタルを務め、同年7月から現職。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら