ファッション

ファッションデザイナー芦田淳氏が死去

 ファッションデザイナーの芦田淳氏が10月20日、肺炎のため死去した。88歳だった。葬儀は近親者で行い、お別れ会は後日開催予定。

 芦田氏は1930年8月21日生まれ。漫画家や編集者、ファッションデザイナーとして活躍した中原淳一に師事し、63年に妻の友子さんとテル工房(のちのジュン アシダ社)を設立。注文服が主流だった60年代の日本に高級既製服のプレタポルテを広めた。60年に高島屋の顧問デザイナーに就任し、66年から10年間は美智子妃殿下(現皇后さま)の専任デザイナーを務めた。94年に広島で開かれたアジア競技大会や96年のアトランタ五輪では、日本選手団の公式ユニホームデザインを担当。その他、さまざまな制服やユニホームなどを手掛けてきた。次女の芦田多恵さんは「タエ アシダ(TAE ASHIDA)」のデザイナー。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら