ファッション

ファッションデザイナー芦田淳氏が死去

 ファッションデザイナーの芦田淳氏が10月20日、肺炎のため死去した。88歳だった。葬儀は近親者で行い、お別れ会は後日開催予定。

 芦田氏は1930年8月21日生まれ。漫画家や編集者、ファッションデザイナーとして活躍した中原淳一に師事し、63年に妻の友子さんとテル工房(のちのジュン アシダ社)を設立。注文服が主流だった60年代の日本に高級既製服のプレタポルテを広めた。60年に高島屋の顧問デザイナーに就任し、66年から10年間は美智子妃殿下(現皇后さま)の専任デザイナーを務めた。94年に広島で開かれたアジア競技大会や96年のアトランタ五輪では、日本選手団の公式ユニホームデザインを担当。その他、さまざまな制服やユニホームなどを手掛けてきた。次女の芦田多恵さんは「タエ アシダ(TAE ASHIDA)」のデザイナー。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。