ファッション

コシノヒロコがNYのアート界デビュー 2つの個展やFITでの講義も

 ファッションデザイナーのコシノヒロコがニューヨークのアート界にデビューする。11〜12月にマンハッタンの2カ所で個展を開き、アート作品や、これまでファッションショーで発表してきたコレクションアーカイブを披露する。

 11月1日〜12月1日にホワイトボックス(White Box)で、絵画と服のアーカイブを並べた企画展「バウハウスの香り(A Touch of BAUHAUS)」を開催。展示作品のキュレーションはニューヨークを拠点に活動するキュレーターの佐藤恭子が担当した。オープン当日の11月1日はニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)でコシノが講義を行う予定だ。

 11月3〜25日にはコシノが手掛けた墨の絵を中心にした個展をファン デル プラース ギャラリー(Van der plas gallery)で開催し、作品を展示販売する。

 コシノはファッションデザイナーとして60年以上のキャリアを持つが、アート作品の制作も精力的に続け、墨絵や絵画など約1700点以上を手掛けてきた。自身のギャラリーを銀座と芦屋に構え、数カ月ごとに新たな展示を企画。洋食器メーカーのニッコーとのテーブルウエア“墨の瞬”は、コシノの墨絵を載せた商品が評価され、ドイツ・フランクフルトで「テーブルウェアインターナショナル・アワード・オブ・エクセレンス 2018」のライセンス・コラボレーション部門で優勝している。

 コシノはニューヨークでの個展について「私の生き方はあるがまま、なすがまま。自分の好きなものを精一杯やっているから、いい評価も悪い評価も受け入れたい。私は80歳を過ぎても現役のファッションデザイナー。作品を通して私の生き方を見てほしい」と語っている。

■「バウハウスの香り」展
日程:11月1日〜12月1日
場所:ホワイトボックス
住所:329 Broome Street New York NY

■ヒロココシノ個展
日程:11月3〜25日
場所:ファン デル プラース ギャラリー
住所:156 Orchard Street NY NY

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。