ファッション

LVMHが14カ国で職人技やブランドの秘宝を公開 「ディオール」のパリ本社に大行列も

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)は10月12~14日、自社のアトリエや施設を無料で一般公開するイベント「レ ジュルネ パルティキュリエール(LES JOURNEES PARTICULIERES)」を世界各地で開催した。2011年から始まり4度目の開催となる今年は、米国、中南米、オーストラリア、ニュージーランドなど14カ国77施設で開催され、前回16年の6カ国よりも大規模で多彩な内容となった。来場者数は16年が14万5000人だったのに対し、18万人だった。

 イベント当日はパリのディオール本社やショーメ(CHAUMET)のサロンなど会場前に人々が列をなした。ワークショップの内容は、「ルイ・ヴィトン」のハンドバッグや「タグ・ホイヤー(TAG HEUER)」の腕時計、「ベルルッティ(BERLUTI)」の靴などの製造工程の見学や、クリスチャン・ディオール(Christian Dior)がかつて所有していた別荘の「シャトー・ドゥ・ラ・コール・ノワール(CHATEAU DE LA COLLE NOIRE )」で5種類の香水を楽しんだ後、敷地内のバラ園や礼拝堂などを見学できるツアー、「ルイ・ヴィトン」の製品プロトタイプのスケッチから資材選定、カッティング、製造までの過程を学ぶワークショップなどと幅広い。

 パリの「ゲラン(GUERLAIN)」の店舗では、ティエリー・ワッサー(Thierry Wasser)調香師とオリヴィエ・エショードメゾン(Olivier Echaudemaison)=ディレクターが、今年190周年を迎え、1100種類もの香水を製造してきたブランドの歴史を、その秘話と共に来場者に語った。ワッサー調香師によると、香水のフォーミュラは、今日ではプロセスが定型化されて指示書に記されているが、何世代にもわたって口頭伝承のみだったという。

 「ショーメ」は、パリ本社ビルにある18世紀に作られた華麗なレセプションルームが公開され、来場者は235年のブランドの歴史を学ぶと共に、ワックスとシガーの灰で作られた器具で宝石の原石をつまむ職人の技巧に見入った。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら