ファッション

LVMH傘下ジュエラー「フレッド」に新CEOが就任 中国市場強化の組織体制に

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)傘下のジュエラー「フレッド(FRED)」は、チャールズ・レオン(Charles Leung)を最高経営責任者(CEO)に指名した。レオンは11月1日付でCEOに就任する。

 2017年12月にレイチェル・マルアニ(Rachel Marouani)前CEOがグループ内のメイクアップフォーエバー(MAKE UP FOR EVER)へ移籍してからは、創業者フレッド・サミュエル(Fred Samuel)の孫にあたるヴァレリー・サミュエル(Valerie Samuel)=アーティスティック・ディレクター兼副社長が暫定的に取締役を兼任していた。

 レオン新CEOは、同傘下の「ショーメ(CHAUMET)」でインターナショナル・セールス・アンド・ディストリビューション部門を取り仕切っていた。それ以前は「カルティエ(CARTIER)」で中国語圏のリテール・ディレクターを務めた経験も持つ。香港生まれの同CEOは、香港中文大学を卒業後、仏ビジネススクール、エセック・ビジネススクールでMBAを取得しており、中国とフランス両国の文化やビジネスの理解が深い。

 今回の人事はアジア市場でのビジネス強化が狙いのようだ。同社は中国市場での成長のために、1年に5店舗のスピードで中国国内に新店舗をオープンしている。
 
 アントニオ・ベローニ(Antonio Belloni)LVMHグループ・マネジングディレクターはレオンCEOについて「ジュエリーに精通しているだけでなく“グローバルな小売り”ビジネスに長けている。チームの体制が整った今、ブランドのさらなる飛躍に貢献してくれるだろう」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら