ビジネス

LVMH傘下の「フレッド」に創業者の孫娘が復帰

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)傘下のジュエラー、フレッド(FRED)は、創業者フレッド・サミュエル(Fred Samuel)の孫にあたるヴァレリー・サミュエル(Valerie Samuel)をアーティスティック・ディレクター兼副社長に指名した。また、フレッドの最高経営責任者(CEO)を6年間務めたレイチェル・マルアニ(Rachel Marouani)は同グループ内のメイクアップフォーエバー(MAKE UP FOR EVER)へ移籍することが決まっているため、後任が決まるまで暫定的にサミュエル新アーティスティック・ディレクター兼副社長が取締役を兼任する。

 サミュエル=アーティスティック・ディレクター兼副社長はフランスで人材資源について学び、ロサンゼルスにある米国宝石学会で学位を取得。1988年にフレッドでキャリアをスタートさせ、マーケティングを担当した。LVMH傘下に入った95年にはデザイン部門と製造部門のトップだったが、傘下入り後に退職した。その後は「ラリック(LALIQUE)」「スワロフスキー(SWAROVSKI)」などを経て、今回20年ぶりにフレッドに復帰した。

 「1936年に祖父が創業したこのブランドを私はよく理解している。また、父や祖父の下でキャリアを共にスタートできたことはラッキーだった。今回の人事はマルアニ現CEOの意志でもある。『フレッド』はターニングポイントにあって、市場開拓を促進したり、コレクションを進化させるタイミングにある」とサミュエル=アーティスティック・ディレクター兼副社長は述べた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら