ビジネス

中国JDドットコムとLVMH傘下の投資会社が中国最大手ラグジュアリーEC企業に190億円余を投資

 中国の大手EC企業JDドットコムとLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下の投資会社、Lキャタルトン アジア(L CATTERTON ASIA以下、Lキャタルトン)は、中国最大手ラグジュアリーEC企業のSECOOドットコムに計1億7500万ドル(約192億5000万円)を投資すると発表した。

 SECOOドットコムは2017年9月にニューヨーク株式市場に上場している企業。同社のリチャード・リー(Richard Li)会長兼最高経営責任者は、「JDドットコムおよびLキャタルトンとパートナーシップを締結することで国際的な認知度向上につなげる」とコメントした。

 発表によると、SECOOドットコムは今後、Lキャタルトン傘下の企業との協業を行うという。Lキャタルトンの傘下にはシューズブランド「ジュゼッペ・ザノッティ(GIUSEPPE ZANOTTI)」やオーストラリアの水着ブランド「シーフォリー(SEAFOLLY)」、韓国のアイウエアブランド「ジェントル モンスター(GENTLE MONSTER)」などがある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら