ビジネス

中国JDドットコムとLVMH傘下の投資会社が中国最大手ラグジュアリーEC企業に190億円余を投資

 中国の大手EC企業JDドットコムとLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下の投資会社、Lキャタルトン アジア(L CATTERTON ASIA以下、Lキャタルトン)は、中国最大手ラグジュアリーEC企業のSECOOドットコムに計1億7500万ドル(約192億5000万円)を投資すると発表した。

 SECOOドットコムは2017年9月にニューヨーク株式市場に上場している企業。同社のリチャード・リー(Richard Li)会長兼最高経営責任者は、「JDドットコムおよびLキャタルトンとパートナーシップを締結することで国際的な認知度向上につなげる」とコメントした。

 発表によると、SECOOドットコムは今後、Lキャタルトン傘下の企業との協業を行うという。Lキャタルトンの傘下にはシューズブランド「ジュゼッペ・ザノッティ(GIUSEPPE ZANOTTI)」やオーストラリアの水着ブランド「シーフォリー(SEAFOLLY)」、韓国のアイウエアブランド「ジェントル モンスター(GENTLE MONSTER)」などがある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら