ビジネス

中国JDドットコムとLVMH傘下の投資会社が中国最大手ラグジュアリーEC企業に190億円余を投資

 中国の大手EC企業JDドットコムとLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下の投資会社、Lキャタルトン アジア(L CATTERTON ASIA以下、Lキャタルトン)は、中国最大手ラグジュアリーEC企業のSECOOドットコムに計1億7500万ドル(約192億5000万円)を投資すると発表した。

 SECOOドットコムは2017年9月にニューヨーク株式市場に上場している企業。同社のリチャード・リー(Richard Li)会長兼最高経営責任者は、「JDドットコムおよびLキャタルトンとパートナーシップを締結することで国際的な認知度向上につなげる」とコメントした。

 発表によると、SECOOドットコムは今後、Lキャタルトン傘下の企業との協業を行うという。Lキャタルトンの傘下にはシューズブランド「ジュゼッペ・ザノッティ(GIUSEPPE ZANOTTI)」やオーストラリアの水着ブランド「シーフォリー(SEAFOLLY)」、韓国のアイウエアブランド「ジェントル モンスター(GENTLE MONSTER)」などがある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。