ファッション

シチズンと「エスプリーク」がコラボ ピンクのウオッチとコスメをセット

 シチズン時計の若い女性向けライン“シチズン クロスシー(CITIZEN xC)”は、コーセーの「エスプリーク(ESPRIQUE)」とのコラボレーションモデルを11月8日に発売する。3500本限定で、価格は10万円。

 テーマは“Dress Up For Special Time”。傾けると光るピンクのドレープ模様の文字盤には、ドレスアップに欠かせないネックレス、イヤリング、ルージュのモチーフを施し、中でもイヤリングのモチーフにはダイヤモンドを使用している。色彩もつけられるシチズン時計独自の表面硬化技術デュラテクトには、女性らしい“サクラピンク”を採用。さらにコラボレーション限定のオリジナルアイカラーパレット6色と、18年秋冬新作の“プライムティント ルージュ”が付いたボックスをセットにした。

 また“シチズン クロスシー”の公式サイトは、同アイテム発売に合わせてカラー診断ページを追加した。肌や目の色をもとに、その人に合ったデュラテクトの色と「エスプリーク」のコスメを提案する。

 ベースになったモデル“ティタニア ライン”は、傷に強くステンレスよりも40%軽いオリジナル素材の“スーパーチタニウム”を使用した、着け心地のよい一本。さらに定期的な電池交換と時刻合わせが要らず、世界24都市の時刻に簡単に修正できるワールドタイム機能を備えている。

 メーンビジュアルに登場するのは女優の北川景子で、“シチズン クロスシー”、「エスプリーク」それぞれでイメージキャラクターを務めることから白羽の矢が立った。撮影時のメイクには、今回のコラボレーションアイテムであるアイカラーとルージュが使われた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら