ファッション

プラチナチケットの「カルバン クライン」ショーには女優からラッパー、スポーツ選手まで幅広いゲスト大集合

 ニューヨークで9月11日(現地時間)、「カルバン クライン(CALVIN KLEIN)」の2019年春夏ランウエイショーが開かれた。チーフ・クリエイティブ・オフィサーのラフ・シモンズ(Raf Simons)は、映画「ジョーズ」と「卒業」という2つのアメリカ映画にインスピレーションを得たという。ブランドのトップに就任して以来アメリカについて思いを馳せ、つまり心の中でアメリカを旅してきたラフは、「アメリカをめぐる旅は、必然的にその先へとつながる。それは海岸。海岸には、信じられないほど素晴らしい美の概念があるが、緊張感もある。2つの世界が出会い、せめぎあっている」とコメント。ネオプレン素材のウエットスーツドレスにツイードのジャケットなど、相反するものを組み合わせ、「2つの世界がせめぎ合う」様子を表現した。

 日本人ゲストはたった4人というエクスクルーシブなショーには、「カルバン クライン」の新作香水“カルバン・クライン・ウィメン”の広告塔を務めるシアーシャ・ローナン(Saoirse Ronan)、ジェイク・ギレンホール(Jake Gyllenhaal)の他、エイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)らのラッパー、オデル・ベッカム・ジュニア(Odell Beckham Jr.)らのスポーツ選手、ナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)らの業界人まで、さまざまなゲストが大集合。相変わらず、注目度はNYナンバーワンだ。

 日本人ゲストの1人は、ピースの綾部祐二。ファッション好きの綾部は、顧客としてNYのスタッフと交渉し、プラチナチケットを手に入れたようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら