ファッション

プラチナチケットの「カルバン クライン」ショーには女優からラッパー、スポーツ選手まで幅広いゲスト大集合

 ニューヨークで9月11日(現地時間)、「カルバン クライン(CALVIN KLEIN)」の2019年春夏ランウエイショーが開かれた。チーフ・クリエイティブ・オフィサーのラフ・シモンズ(Raf Simons)は、映画「ジョーズ」と「卒業」という2つのアメリカ映画にインスピレーションを得たという。ブランドのトップに就任して以来アメリカについて思いを馳せ、つまり心の中でアメリカを旅してきたラフは、「アメリカをめぐる旅は、必然的にその先へとつながる。それは海岸。海岸には、信じられないほど素晴らしい美の概念があるが、緊張感もある。2つの世界が出会い、せめぎあっている」とコメント。ネオプレン素材のウエットスーツドレスにツイードのジャケットなど、相反するものを組み合わせ、「2つの世界がせめぎ合う」様子を表現した。

 日本人ゲストはたった4人というエクスクルーシブなショーには、「カルバン クライン」の新作香水“カルバン・クライン・ウィメン”の広告塔を務めるシアーシャ・ローナン(Saoirse Ronan)、ジェイク・ギレンホール(Jake Gyllenhaal)の他、エイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)らのラッパー、オデル・ベッカム・ジュニア(Odell Beckham Jr.)らのスポーツ選手、ナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)らの業界人まで、さまざまなゲストが大集合。相変わらず、注目度はNYナンバーワンだ。

 日本人ゲストの1人は、ピースの綾部祐二。ファッション好きの綾部は、顧客としてNYのスタッフと交渉し、プラチナチケットを手に入れたようだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら