ファッション

2018年「CFDAアワード」発表 「シュプリーム」がメンズ部門、ラフは2年連続でウィメンズ部門受賞

 アメリカファッション協議会(COUNCIL OF FASHION DESIGNERS OF AMERICA以下、CFDA)は、2018年「CFDAアワード」の授賞式を6月3日にニューヨークのブルックリン美術館で開催した。今年は2年連続でラフ・シモンズ(Raf Simons)「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」チーフ・クリエイティブ・ディレクターが、ウィメンズウエア・デザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

 17年「CFDAアワード」ではラフがメンズウエア・デザイナー・オブ・ザ・イヤーと共に2冠を獲得したが、今年のメンズウエア・デザイナー・オブ・ザ・イヤーは「シュプリーム(SUPREME)」の創業者ジェームス・ジェビア(James Jebbia)が受賞した。

 アクセサリー・デザイナー・オブ・ザ・イヤーは、「ザ・ロウ(THE ROW)」を手掛けるアシュリー・オルセン(Ashley Olsen)とメアリー・ケイト・オルセン(Mary Kate Olsen)姉妹が受賞。期待の新人に贈られるスワロフスキー・アワード・フォー・エマージング・タレントには、「シエス マルジャン(SIES MARJAN)」デザイナーのサンダー・ラック(Sander Lak)が選ばれた。

 また、ダイアン・フォン・ファステンバーグ(Diane Von Furstenberg)がスワロフスキー・アワード・フォー・ポジティブ・チェンジを、ナルシソ・ロドリゲス(Narciso Rodriguez)がジェフリー・ビーン・ライフタイム・アチーブメント・アワード、キャロリーナ・ヘレラ(Carolina Herrera)がファウンダーズ・アワード、エドワード・エニンフル(Edward Enninful)英「ヴォーグ(VOGUE)」編集長がメディア・アワード、ドナテラ・ヴェルサーチ(Donatella Versace)がインターナショナル・アワード、ナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)がアイコン・アワード、キム・カーダシアン(Kim Kardashian)がファッション・インフルエンサー・アワードを受賞した。

 さらに、ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)にはその50周年のキャリアをたたえ、CFDAメンバーズ・サルートが授与された。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら