スナップ

NYの秋はネオンカラーが告げる 2019年春夏ニューヨーク・ファッション・ウイーク

 9月5~12日に開催された2019年春夏ニューヨーク・ファッション・ウイークは、幕開けと同時に秋の訪れを感じる天気となった。最高気温が30度を超える日のスタートとなったが、中盤で気温がくんと下がり雨模様の日が続いた。来場者のファッションも秋らしくベージュやブラウンをベースにしたスタイリングや、チェック柄、アニマル柄、クラシックなモノグラム柄が見られた一方で、ストリートで一際目立っていたのはネオンカラーだ。

 ネオンカラーをキーカラーとした「プラダ(PRADA)」18-19年秋冬コレクションのアイテムを筆頭に、ネオンカラー同士を合わせたスタイリングや、ネオンカラーをポイントとして取り入れたスタイリングが多く見られた。また、秋の定番のチェック柄も、ギンガムチェックなどポップな色合いやデザインのものも登場した。

 アイテムでは、パフスリーブや肩にポイントを加えたジャケットなど、1980年代を思わせるパワーショルダーが支持を得た。また、スポーティーなトレンドも継続で、トラックパンツや、ジムからそのまま出てきたようなレギンスパンツも見られた。

 足元は、前回はスニーカーよりもヒールが来場者には人気だったが、今回は昨今のダッドスニーカーブームを受けてスニーカーを思い思いに履きこなしていた。バッグは引き続き小さめが人気だが、スクエア型だけでなくバケツ型や巾着型もあり、形は多様だ。バッグでは「フェンディ(FENDI)」「ディオール(DIOR)」「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「バレンシアガ(BALENCIAGA)」などのブランドの着用率が高かった。