スナップ

NYの秋はネオンカラーが告げる 2019年春夏ニューヨーク・ファッション・ウイーク

 9月5~12日に開催された2019年春夏ニューヨーク・ファッション・ウイークは、幕開けと同時に秋の訪れを感じる天気となった。最高気温が30度を超える日のスタートとなったが、中盤で気温がくんと下がり雨模様の日が続いた。来場者のファッションも秋らしくベージュやブラウンをベースにしたスタイリングや、チェック柄、アニマル柄、クラシックなモノグラム柄が見られた一方で、ストリートで一際目立っていたのはネオンカラーだ。

 ネオンカラーをキーカラーとした「プラダ(PRADA)」18-19年秋冬コレクションのアイテムを筆頭に、ネオンカラー同士を合わせたスタイリングや、ネオンカラーをポイントとして取り入れたスタイリングが多く見られた。また、秋の定番のチェック柄も、ギンガムチェックなどポップな色合いやデザインのものも登場した。

 アイテムでは、パフスリーブや肩にポイントを加えたジャケットなど、1980年代を思わせるパワーショルダーが支持を得た。また、スポーティーなトレンドも継続で、トラックパンツや、ジムからそのまま出てきたようなレギンスパンツも見られた。

 足元は、前回はスニーカーよりもヒールが来場者には人気だったが、今回は昨今のダッドスニーカーブームを受けてスニーカーを思い思いに履きこなしていた。バッグは引き続き小さめが人気だが、スクエア型だけでなくバケツ型や巾着型もあり、形は多様だ。バッグでは「フェンディ(FENDI)」「ディオール(DIOR)」「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「バレンシアガ(BALENCIAGA)」などのブランドの着用率が高かった。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら