フォーカス

1週間のニュースまとめ読み(9月3〜9日)

 9月3〜9日に「WWD JAPAN.com」で掲載した記事の中から、主要ニュースをお届け。併せて人事ニュースもまとめて紹介する。

ワコールHDとデサント 数百億円規模のシナジーを目指す

 インナーウエアとスポーツウエアそれぞれの業界をけん引してきたワコールホールディングス(HD)とデサントが包括的業務提携を発表し、30日夕方から両トップによる記者会見を京都で開いた。(詳細はこちら)

「JD.com」ファッション部門トップが来日、中国ファッション市場の攻略法を語る

 中国の大手ECサイト「JDドットコム(JD.com)」を運営する京東集団のファッション部門を統括するディン・シャ(丁霞=Ding Xia)京東集団副総裁兼JDドットコムインターナショナルファッション部門プレジデントが日本でのイベントに合わせて来日。会見を開き「JDドットコム」におけるファッション部門の現状と中国アパレル市場について記者団の質問に答えた。(詳細はこちら)

ワークマンが新カジュアル業態を公開 5日にオープン

 作業着大手のワークマンは4日、ららぽーと立川立飛(東京・立川)に5日オープンする新業態「ワークマンプラス(WORKMAN PLUS)」を関係者に公開した。同社初となるカジュアルウエア業態で、作業着で培った高機能のプライベートブランド(PB)を低価格で販売する。1号店は売り場面積が約198平方メートルで、売上高1億2000万円を計画する。11月下旬にはららぽーと富士見(埼玉・富士見)に2号店を出すことが決まっている。(詳細はこちら)

いよいよ本格稼働“グレーター渋谷”構想、渋谷駅南側に「渋谷ストリーム」開業

 東急電鉄はオフィスとホテル、飲食店、物販、ライブハウス、多目的スペースなどの大型複合ビル「渋谷ストリーム」を9月13日にオープンする。渋谷駅の南側にオープンする同施設は、地上35階・地下4階、延床面積11万6000平方メートルで、グーグル日本法人の本社が入居するオフィスを中心に、渋谷駅と直結する2階には駅の南側とつながる通路を作り、話題の飲食店が通路沿いに並ぶ。南側に抜ける渋谷川を渋谷区と官民一体で整備し、代官山方面に抜ける遊歩道も作った。「渋谷ストリーム」から渋谷川沿いに600mほど離れたホテルなどの複合施設「渋谷ブリッジ」も9月13日以降に順次テナントがオープンする。本日5日、メディアや関係者に内部を公開した。(詳細はこちら)

コンシェルジュとガイドを190人増員 三越日本橋本店が目指す接客の未来形

 三越日本橋本店は、10月24日の改装第1期グランドオープンに向けて、新しい売り場作りの核となるコンシェルジュサービスの詳細を発表した。百貨店の強みである接客に改めてフォーカスし、売り場カテゴリー別の専門家であるコンシェルジュ約90人と、売り場を超えて買い物に同行し、コンシェルジュと客とをつなぐガイド約100人を増員。デジタルも活用することで、カテゴリーを横断したより深い接客を行う。2020年度(21年3月期)は、コンシェルジュサービスによる50億円の押し上げを含み、改装効果で100億円の売り上げ増を目指す。(詳細はこちら)

今週の人事ニュース

最新号紹介

WWD JAPAN

求ム!次世代D2Cブランド アメリ、サティス製薬、ファブリックトウキョウなど有力企業のキーパーソンが語る「D2Cブランドの作り方」

「WWDジャパン」9月14日号は、「次世代D2Cブランドの作り方」特集です。「アメリ(AMERI)」「ファブリックトウキョウ(FABRIC TOKYO)」「オブジェクツアイオー(OBJECTS.IO)」「メデュラ(MEDULLA)」など、ファッションとビューティ業界の日本を代表する有力D2Cブランドの創業者たちが、ブランドの立ち上げから運営、ブランドの今後までを惜しげもなく公開。側面からブランドを…

詳細/購入はこちら