ビジネス

1週間のニュースまとめ読み(8月27日〜9月2日)

 8月27日〜9月2日に「WWD JAPAN.com」で掲載した記事の中から、主要ニュースをお届け。併せて人事ニュースもまとめて紹介する。

10〜20代がターゲット 阪急うめだの「阪急ビューティースタジオ」が公開

 阪急うめだ本店は8月24日に、10〜20代の女性をターゲットにした、「阪急ビューティースタジオ」を阪急三番街南館1階にオープンした。本店2階のコスメフロア「阪急ビューティーワールド」、3月に阪急グランドビル19階にオープンした「阪急ビューティーサロン」に続く、3つめのコスメゾーンだ。「阪急ビューティースタジオ」の初年度(2019年8月まで)の売り上げ目標は10億円、ビューティ全体の今期の売り上げは、320億円(前年280億円)を目指す。(詳細はこちら)

香取慎吾と祐真朋樹のショップ こだわりアイテムの全貌公開

 香取慎吾と祐真朋樹がディレクターを務めるショップ「ヤンチェ_オンテンバール(JANTJE_ONTEMBAAR)」がオープン前日の8月24日、メディア向け内覧会を開いた。場所は帝国ホテルプラザ1階。コンクリート打ちっ放しの床はペイントを流したような装飾が、壁には香取の描いたアート作品が飾られ、ギャラリーのような空間にこだわりのメンズとウィメンズのアイテムが並ぶ。(詳細はこちら)

DMMが法人向けユニホーム事業に参入 デザイナーに「モトナリ オノ」の小野原誠ら

 DMM.comが法人向けのユニホームの製作サービス「DMM uni」を開始した。ホームページ上で注文を受け付けている。近年のユニホーム市場拡大を受け参入を決めた。既成品に比べ高価なオリジナルデザインのユニホームを、問屋・販売代理店など中間業者を挟まず工場から直接届ける流通フローにより、低価格での提供を実現した。(詳細はこちら)

ゼニアが「トム ブラウン」を買収

 エルメネジルド ゼニア グループ(ERMENEGILDO ZEGNA GROUP以下、ゼニア)はトム ブラウン(THOM BROWNE)の株式85%を取得する。株式の過半数を保有していたサンドブリッジ キャピタル(SANDBRIDGE CAPITAL)との合意によるもので、トム ブラウンの企業価値は5億ドル(約555億円)。少数株主だったストライプインターナショナルは全株式を手放した。(詳細はこちら)

ファクトタムがTOKYO BASE保有の自社株式を大幅買い戻し

 有働幸司「ファクトタム(FACTOTUM)」デザイナーが代表を務めるファクトタムは、昨年6月に資本提携を結んだTOKYO BASEから自社の株式を大幅に買い戻した。登記簿によると、谷正人TOKYO BASE社長はファクトタムの取締役を6月30日付で退任していた。(詳細はこちら)

今週の人事ニュース

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら