ファッション

「サロモン」からファッション性重視の新ライン 本格アウトドア仕様のシューズ発売

 アウトドアスポーツブランド「サロモン(SALOMON)」は、2018-19年秋冬シーズンにスタートする新ライン“SALOMON ADVANCED”からシューズ2モデルを発売した。

 1947年設立の「サロモン」は近年、快適性とデザイン性が再評価され、海外を中心にファッション業界人の足元を彩ってきた。加えてパリのセレクトショップのザ・ブロークン・アーム(The Broken Arm)とのコラボなどを経て、今シーズンからよりファッション性を重視し、販路を限定した新ライン“SALOMON ADVANCED”をスタートする。国内ではセレクトショップのリステア(RESTIR)店舗および公式オンラインストアなどで販売する。

 18-19年秋冬コレクションの2モデルは“S/LAB XT 6 SOFTGROUND ADV”と“SNOWCROSS ADV LTD”。“S/LAB XT 6 SOFTGROUND ADV”は、アスリート向けライン“S/LAB”のオフロード用ランニングシューズ“S/LAB XT 6 SOFTGROUND”をベースにカラフルなカラーリングに変更したモデルで、4色用意した。価格は3万円。 “SNOWCROSS ADV LTD”は山岳用のシューズとスパッツを一体化したモデルで、スパッツ部分には止水ファスナーを使用するなど本格的な山岳用品に使う技術を取り入れている。1色展開で、価格は3万3000円。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら