ファッション

「ティファニー」が高級ストロー発売 1本2万7500~3万8500円

 「ティファニー(TIFFANY & CO.)」は“エブリデイオブジェクト(EVERYDAY OBJECT)”のホームカテゴリーのアイテムとして、金属製ストローを販売している。くるんとカーブを描くデザインは、リード・クラッコフ(Reed Krakoff)=チーフ・アーティスティック・オフィサーによるものだ。素材は純正スターリングシルバーとヴェルメイユの2種類で、価格はそれぞれ250ドル(約2万7500円)と350ドル(約3万8500円)。日本ではそれぞれ税込3万8340円と5万3460円だ。

 アニサ・カマドリ・コスタ(Anisa Kamadoli Costa)=ティファニー最高サステイナビリティ責任者は「プラスチック廃棄物が深刻な海洋汚染を引き起こしている現状に、何度でも使えて高品質で丈夫な金属製ストローを、エコフレンドリーな代替品として提案したい」と語った。

 また、メンズジュエリーブランドの「ミアンサイ(MIANSAI)」も環境保全の観点から、真鍮製と銅製のストローを4本セット100ドル(約1万1000円)で発売。さらにプレミアムラインとして純正スターリングシルバー製のストローも、1本100ドル(約1万1000円)と4本セット425ドル(約4万6750円)で発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら