ファッション

「キコ コスタディノフ」がウィメンズ本格始動 交際相手をデザイナーに起用

 ロンドン発の「キコ コスタディノフ(KIKO KOSTADINOV)」は、ウィメンズ・ディレクターにディアナ・ファニング(Deanna Fanning)とローラ・ファニング(Laura Fanning)を指名した。2人の手掛ける初めてのウィメンズ・コレクションは9月14日、2019年春夏シーズンのロンドン・ファッション・ウイーク期間中に披露される。

 ディアナとローラはオーストラリア出身の双子の姉妹。ディアナはロンドンのセント・マーチン美術大学BAでニットウエアを専攻し、ローラはメルボルンでファッションを学んだ。ディアナは2月に、「ローラ ディアナ ファニング(LAURA DEANNA FANNING)」の名義でローラと共に手掛けたコレクションをセント・マーチン美術大学で発表した。業界筋によると、ディアナとデザイナーのキコ・コスタディノフはセント・マーチンズ美術大学時代の同級生で、現在交際中だという。

 「キコ コスタディノフ」は、ブルガリア出身でロンドンを拠点にするキコ・コスタディノフが立ち上げたブランド。セント・マーチン美術大学で在学中から「ステューシー(STUSSY)」とコラボを実現させ、16年にブランドを立ち上げてからも、「アシックス(ASICS)」「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」との継続的なコラボで話題を集めている。メンズを中心にコレクションを発表してきたが、18-19年秋冬ロンドン・メンズ・コレクションのショーで初めてのウィメンズルックを発表していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら