ファッション

「キコ コスタディノフ」がウィメンズ本格始動 交際相手をデザイナーに起用

 ロンドン発の「キコ コスタディノフ(KIKO KOSTADINOV)」は、ウィメンズ・ディレクターにディアナ・ファニング(Deanna Fanning)とローラ・ファニング(Laura Fanning)を指名した。2人の手掛ける初めてのウィメンズ・コレクションは9月14日、2019年春夏シーズンのロンドン・ファッション・ウイーク期間中に披露される。

 ディアナとローラはオーストラリア出身の双子の姉妹。ディアナはロンドンのセント・マーチン美術大学BAでニットウエアを専攻し、ローラはメルボルンでファッションを学んだ。ディアナは2月に、「ローラ ディアナ ファニング(LAURA DEANNA FANNING)」の名義でローラと共に手掛けたコレクションをセント・マーチン美術大学で発表した。業界筋によると、ディアナとデザイナーのキコ・コスタディノフはセント・マーチンズ美術大学時代の同級生で、現在交際中だという。

 「キコ コスタディノフ」は、ブルガリア出身でロンドンを拠点にするキコ・コスタディノフが立ち上げたブランド。セント・マーチン美術大学で在学中から「ステューシー(STUSSY)」とコラボを実現させ、16年にブランドを立ち上げてからも、「アシックス(ASICS)」「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」との継続的なコラボで話題を集めている。メンズを中心にコレクションを発表してきたが、18-19年秋冬ロンドン・メンズ・コレクションのショーで初めてのウィメンズルックを発表していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。