ファッション

ベイク運営のパフェ専門店から夏を彩るカラフルドリンク登場

 ベイク(BAKE)が運営するパフェ専門店「ザ パフェスタンド(THE PARFAIT STAND )」は8月14日、夏を彩る新商品“カラフルソーダ”(399円、税込)と“カラフルフロート”(399円、同)を原宿駅店で発売する。

 “カラフルソーダ”はかち割りを思わせる氷にフルーツフレーバーシロップを入れソーダで割ったドリンクで、持ち運びに便利なジッパー型の容器を採用。“カラフルフロート”は“カラフルソーダ”の上にソフトクリームをトッピングした。両商品とも、ストロベリー風味とクリーミーさが特徴の“ストロベリー”と、濃い青色とオレンジピールが爽やかな“ブルーハワイ”、メロンソーダの“メロン”、レモンスカッシュの“レモン”の4種を用意する。

 「ザ パフェスタンド」は2018年3月に原宿駅竹下口の券売機があった場所にオープンしたパフェ専門店。“エディトリアル”をコンセプトに、雑誌を編集するように原宿の空気感を取り込んだパフェを製作する。“スイーツの王道であるパフェをもっとカジュアルにテイクアウト専門店としてお楽しみいただきたい”という思いから誕生した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら