ファッション

ベイク初の和菓子ブランド 新食感の生どら焼き専門店がオープン

 焼きたてチーズタルト専門店を運営するベイク(BAKE)は5月25日、初めて和菓子ブランドである生どら焼き専門店「ドウ(DOU)」を東武池袋駅構内にオープンする。価格は1個300円で、一人4個までの限定販売だ。

 生地は、卵白と卵黄を別々に泡立てる別立て製法で作った生地を店頭で蒸し、スポンジケーキを思わせるふんわりとした食感を実現した。生地の中には、北海道産の牛乳を使用した軽い生クリームと、最高級小豆「雅」を少量ずつ炊き上げた粒あん、もちもち食感が特徴の「はくちょうもち」を絶妙なバランスで挟んだ。

 ブランド名は、2つの“ドウ”に由来する。1つは茶道や武道の“道”であり、修練の中で師の教えを身につけながら、独自の新しいものを生み出す“守破離(しゅはり)”の精神を表す。そこに英語で生地を意味する“Dough”を掛け合わせ、生地へのこだわりを表現した。

 同店舗のデザインは、系列店であるプレスサンドクッキー専門店のデザインも手掛けたやぐゆぐ道具店の空間デザイナー、鈴木文貴が担当した。包み箱のデザインはベイクの河西宏尚アートディレクターが担当。「和と洋の共鳴をコンセプトに和菓子の器に敷かれる懐紙、折型からインスピレーションを受け、表現した。日本伝統の精神性を継承しながらも、和菓子には珍しいエメラルドグリーンとピンクベージュのグラデーションデザインを掛け合わせることで、今までにない新しい“生どら焼き”を提供したい想いを表した」という。

 SNS上で、レセプションパーティーに招待する抽選キャンペーンも実施する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら