ファッション

バターサンド専門店が東京駅にオープン 焼きたては1人4個

 ベイク(BAKE)は4月27日、新業態のバターサンド専門店「プレスバターサンド(PRESS BUTTER SAND)」をJR東京駅構内の丸の内南口にオープンする。北海道産フレッシュバターにこだわり、クッキーはこのために開発したオリジナルのプレス機を用い、和菓子の“はさみ焼き”同様、鋳造の鉄でクッキーをはさみ焼く。同店舗は工房一体型で、焼き上げからバタークリームをつめる作業までその場で行う。焼きたての商品と、日持ちの長い箱入りの商品2種類を用意。価格は1個150円、6個900円、10個1500円。焼きたて商品は1人4個までの限定販売だ。

 店舗のデザインは、ベイク チーズタルトあべのハルカス店も手掛けた、やぐゆぐ道具店の空間デザイナー、鈴木文貴が担当した。箱のデザインは、ベイクの柿崎弓子アートディレクターが担当。「職人のこだわりと手仕事の痕跡が感じられるデザインを目指した。ロゴはシンプルに、グレーの色で機能的かつインダストリアルなイメージを創出し、溶鉄を思わせるビビットオレンジで内に秘めた情熱を表した」という。

 ベイクは主力業態の焼きたてチーズタルト専門店「ベイク チーズタルト(BAKE CHEESE TART)」を2013年にオープン。現在、国内14店舗、海外19店舗を手掛け、年間約3500万個を売り上げる。この他に、シュークリーム専門店「クロッカンシュー ザクザク(CROQUANT CHOU ZAKUZAKU)」や焼きたてアップルパイ専門店「リンゴ(RINGO)」などを運営する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら