ファッション

ビヨンセがリカルド・ティッシのカスタム衣装を着用 全身「バーバリー」チェックでライブを披露

 ビヨンセ(Beyonce)が、リカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)新クリエイティブ・ディレクターによるカスタムメードの衣装を着用し、8月3日にニュージャージーのメットライフ・スタジアムで行われた夫でラッパーのジェイ・Z(JAY-Z)とのジョイントツアー「On the Run II」のステージに立った。

 「バーバリー(BURBERRY)」の代名詞でもあるビンテージのチェックパターンを全面に用いた衣装は、トレンチコートのガンパッチのような襟とフーディーを共存させたクロップド丈のジャケットに、ウエスト部分にリボンをあしらったボディースーツで、ブーツや手袋、サングラスにまで「バーバリー」チェックが施されている。ティッシはインスタグラムにコンサートの写真と共に「QUEEN B in B(Bを着たクイーンB)」とコメントして祝福した(クイーンBはビヨンセの愛称)。

 ビヨンセは6月にリリースしたニューシングル「APESHIT」のミュージックビデオでも、「バーバリー」のビンテージのチェックパターンの衣装を着用している。

 ティッシは3月に「バーバリー」のクリエイティブ・ディレクターに就任して以来、2019年プレ・スプリング・コレクションから自身が選んだスタイル“Bクラシック”の発表や、ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)とのコラボコレクション、ピーター・サヴィル(Peter Saville)による新ロゴの発表など、話題となるプロジェクトを次々と披露している。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら