ファッション

“泊まれる本屋”「ブックアンドベッドトウキョウ」が大阪に初出店

 不動産会社のアールストアが運営する“泊まれる本屋”「ブックアンドベッドトウキョウ(BOOK AND BED TOKYO)」が大阪・心斎橋(大阪市中央区東心斎橋1丁目)に大阪初の店舗をオープンする。価格などの詳細は未定。京都と福岡、東京の3店舗(池袋、浅草、新宿)に次ぐ6店舗目で、オープンは秋頃を予定する。

 内装を建築事務所インテンショナリーズ(INTENTIONALLIES)、書籍セレクトを渋谷にあるブックストア「シブヤ パブリッシング アンド ブックセラーズ(SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS)」、併設するカフェメニューの共同開発を「サワー(sour)」が担当する。

 「ブックアンドベッドトウキョウ」は2015年11月に初となる池袋店をオープン。“読書をしながら寝落ちできる”ホテルというコンセプトが話題を呼んだ。その後、16年12月に京都店、17年4月に福岡店、同10月に浅草店をオープン。今年5月には新宿店をオープンした。加えて、セレクトショップの1LDKやアパレルブランド「サノバチーズ(SON OF THE CHEESE)」とコラボしたアイテムを発売するなど、ファッション分野との親交も深い。

【追記 2018年12月3日】大阪初の店舗オープン日は12月13日に決定した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら