ファッション

“泊まれる本屋”が歌舞伎町に22日オープン、1時間500円〜の日帰りプランも

 不動産会社のアールストアが運営する“泊まれる本屋”がコンセプトの「ブックアンドベッドトウキョウ(BOOK AND BED TOKYO)」の5店舗目となる新宿店が22日、歌舞伎町にオープンすることが決定した。宿泊料金は28室あるシングルサイズの部屋が1泊5300円〜、24室あるコンフォートシングルが1泊5800円〜、2室だけのダブルサイズが1泊1万円〜、1室限定のスーペリアルームが1万2000円〜。1時間500円〜の日帰りプランも用意する。発表にあわせて、5月11日正午には宿泊予約の受付を開始した。

 浅草店同様、グラフィックデザインをデザインスタジオのソーダ デザイン(Soda design)が、書籍のセレクトを渋谷にあるブックストア「シブヤ パブリッシング アンド ブックセラーズ(SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS)」が担当。 店内には、福岡と名古屋で期間限定運営をしてきたカフェ「by BOOK AND BED TOKYO」を常設する。

 「ブックアンドベッドトウキョウ」は2015年11月に初となる池袋店をオープン。高級なベッドなど快適な睡眠具を用意するわけではなく、“読書をしながら寝落ちできる”ホテルというコンセプトが話題を呼んだ。その後、16年12月に京都店、17年4月に福岡店をオープン。10月には浅草店をオープンしたばかり。加えて、セレクトショップの1LDKやアパレルブランド「サノバチーズ(SON OF THE CHEESE)」とコラボしたアイテムを発売するなど、ファッション分野との親交も深い。

■BOOK AND BED TOKYO 新宿店
オープン日:5月22日
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-27-5 歌舞伎町APMビル8階
チェックイン時間:16:00〜23:00

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら