ファッション

イタリア発の機能服「エネーレ」が六本木に初の直営店 神宮前に限定カフェも

 イタリア発のスポーツメーカーで、2017-18年秋冬シーズンにアスレジャーブランドとして再始動した「エネーレ(ENNERRE)」は8月25日、東京・六本木ヒルズに初の直営店を開く。場所はウエストウォーク4階で、ピッグ アンド ルースター(PIG & ROOSTER)の跡地。店舗面積は約47平方メートルで、店内にはメンズとウィメンズのウエアやグッズがそろう。運営は日本で独占販売契約を結んでいるスポーツ用品メーカーのフラッグが行う。年間売上高の目標は8000万円。

 オープンを記念した限定アイテムとして、往年のロゴを手書き風にアレンジしてプリントしたTシャツを販売。カラーはブラックとホワイトの2色で、価格は7800円。六本木ヒルズ店で「エネーレ」のアプリをダウンロードし、登録すると数量限定でプレゼントも行う。

 またオープン日から9月2日まで、東京・神宮前に直営店オープンを記念した「エネーレ カフェ」を開く。オリジナルメニューに加えてアイテムが当たるガチャガチャ、アスリートによるトークイベントが行われる。

 「エネーレ」は1972年に創業し、イタリアのプロサッカーリーグやJリーグのチームのユニホームなどを手掛けていた。17-18年秋冬シーズンに都市向け機能服へとリブランディングし、30~40代の男女をメーンターゲットに百貨店やセレクトショップを中心に卸を行っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら