ファッション

伊大手アイウエアメーカー、サフィロの苦戦続く 1~6月期の売り上げ10%減

 イタリアの大手アイウエアメーカー、サフィロ(SAFILO)の2018年1~6月期決算の売上高は前年同期比10%減の4億9200万ユーロ(約634億円)、純損失は前期の600万ユーロ(約7億7000万円)から1000万ユーロ(約12億9000万円)に拡大し、苦戦が続いている。新勢力ケリング アイウエアとティリオスの登場で、「グッチ(GUCCI)」や「セリーヌ(CELINE)」など主力ブランドのライセンスを相次いで失った影響や、主要な市場であるヨーロッパ(同8.3%減)、アメリカ(同17.2%減)の不調が響いている。

 サフィロは、以前策定した20年の達成を目標とする営業計画の見直しを含め、5カ年計画を発表した。それによると、利益率の向上、コスト構造の改善などで18年下期から業績を好転させ、19年と20年の売上高は約2%の伸長を見込んでいる。

 4月に就任したユニリーバ出身のアンジェロ・トロッキア(Angelo Trocchia)最高経営責任者は、「われわれの目標は戦略の優先順位を明確につけて集中的に取り組み、業績を改善することにある。それには、まずサフィロの強みをさらに拡大し、ハイエンドブランドの成長を回復させることが必要だ。われわれには140年の伝統に裏打ちされた高い商品開発力、世界的な流通ネットワークがある。マーケティング、ブランド開発、カスタマーサービスの向上、そしてわれわれの豊富なブランド力を駆使して市場開拓に集中したい」と話した。

 サフィロの創業は1878年で、世界40カ国に現地法人がある。「ディオール(DIOR)」「フェンディ(FENDI)」「ジバンシィ(GIVENCHY)」などのライセンスの他、ハウスブランド「ポラロイド(POLAROID)」「サフィロ(SAFILO)」「スミス(SMITH)」「カレラ(CARRERA)」など30ブランド以上のアイウエアを手掛ける。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら