ビジネス

三越伊勢丹HD、4〜6月期の営業利益33%増

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)の2018年4〜6月期は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比33.1%増の90億円だった。不採算事業の整理など一連の構造改革によって販管費率を1.5ポイント低下させ、利益改善に結びつけた。

 売上高は同2.3%減の2867億円。3月に伊勢丹松戸店の営業を終了したが、伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店の基幹3店舗がインバウンド(訪日客)や富裕層の旺盛な消費に支えられて堅調に推移した。事業構造改善費用13億円を特別損失に計上したため、純利益は同5.3%減の45億円になった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

読者人気ナンバーワンに輝いたのは? 「2022-23年秋冬リアルトレンド総選挙」結果発表!

「WWDJAPAN」6月27日号の特集は、「2022-23年秋冬リアルトレンド総選挙」。編集部員が展示会を回って撮影・セレクトした、ファッションビルやSC、百貨店、セレクトショップなどを販路とする総勢32ブランドの新作ルックをウェブで公開し、ユーザーからの投票を募りました。

詳細/購入はこちら