ファッション

三越伊勢丹HD、マレーシア「ジャパンストア」の経営立て直し 

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)は8日、マレーシア・クアラルンプールのコンセプトショップ「イセタン・ザ・ジャパンストア・クアラルンプール(ISETAN THE JAPAN STORE KUALA LUMPUR)」を運営する合弁会社を完全子会社にすると発表した。海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)と共同出資したICJデパートメントストア(以下、ICJ)が、日本の優れた商品やサービスの発信基地として同店を開いたものの、当初予想を下回る不採算が続いていた。完全子会社化で迅速な再建を目指す。

 ICJは三越伊勢丹HDのマレーシア法人が51%、クールジャパン機構が49%を出資して2014年に設立。16年10月に6フロア・売場面積約1万1000平方メートルの同店を開いた。ファッション、食、雑貨、工芸品、カルチャーなど“全館丸ごとクールジャパン”を掲げて、日本のブランドや物産品に特化したMDを組んで鳴り物入りでオープンしたにも関わらず、販売は低迷が続いた。初年度売上高目標の35億円に対し、17年度の実績は売上高16億円、営業損益は5億円の赤字だった。「(クールジャパンのコンセプトによって)結果として品ぞろえや価格帯の幅が狭くなってしまった」(三越伊勢丹HD広報)と分析する。

 三越伊勢丹HDはマレーシア法人を通じてクールジャパン機構が保有する株式を6月末までに取得する。取得金額は非公表。マレーシア法人が運営する他の3店舗は比較的堅調に推移しており、今後はそれらの経験を生かして現地ニーズを取り入れた店作りを推進する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら