ファッション

「ラコステ」がオリンピックの歴史にオマージュを捧げる限定コレクション 第1弾は68年メキシコ大会

 「ラコステ(LACOSTE)」は国際オリンピック委員会(IOC)とパートナーシップを組み、過去のオリンピック大会にオマージュを捧げるカプセルコレクションを発売した。同コレクションは年2回、シーズンごとに2大会をピックアップする限定コレクションで、今シーズンの第1弾では開催から50周年を迎えた1968年夏季メキシコオリンピックをフィーチャーする。

 第1弾では、アメリカ人デザイナーのランス・ワイマン(Lance Wyman)がデザインを手掛けたメキシコオリンピックのリングロゴと“MEXICO68”と書かれたレタリングロゴを使用したアイテム5型を展開。キャップ(7500円)、ポロシャツ(2型、各1万8000円)、Tシャツ(7500円)、スエットシャツ(1万8000円)を用意した。「ラコステ」の直営店および、「ラコステ」公式オンラインストアで数量限定で販売する。

 今シーズンの第2弾ではメキシコオリンピックと同じく50周年を迎えた冬季グルノーブルオリンピックにフォーカス。10月下旬の発売を予定している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら