ファッション

ジョコヴィッチが「ユニクロ」から「ラコステ」の顔へ

 テニス選手のノバク・ジョコヴィッチ(Novak Djokovic)が「ユニクロ(UNIQLO)」との契約を終え、「ラコステ(LACOSTE)」のブランドアンバサダーに就任する。「ラコステ」との契約は5年。今月28日に開幕する全仏オープン以降「ラコステ」のウエアを着てコートに立つほか、ADキャンペーンにも登場。さらに「ラコステ」にとってアイコニックなピケのポロシャツで作るパフォーマンス・コレクションを発表した。青や白、赤を基調にプリントも加えたブレザー、パンツ、ブルゾン、ショーツなどは、今月から「ラコステ」のブティックでも発売する。

 セルビア出身で30歳を迎えたばかりのジョコヴィッチは、現在世界ランク第2位で、グランドスラムを12回制している。今年はアンドレ・アガシ(Andre Agassi)をコーチに招き、さらなる活躍が期待される。

 彼は、「長きにわたり、さまざまなブランドに接することができて光栄に思う。スポーツブランドではない『ユニクロ』のアンバサダーは非常に面白かった。協業は、成功したのではないかと思う。『ラコステ』を創業したルネ・ラコステ(Rene Lacoste)には、何か通じるものを感じている。彼はテニス界はもちろん、ファッションの世界にも革命をもたらした人物。単なるテニス選手の枠にはとどまらなかった。僕も自分自身をそうありたいと思っている」とコメント。一方「ラコステ」のティエリー・ギベール(Thierry Guibert)最高経営責任者は、「彼は現在のスポーツ界で最も偉大な人物の一人」と称賛する。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら