ファッション

「ラコステ」が85周年を記念して歴代のポロシャツを復刻

 フランス発の「ラコステ(LACOSTE)」は5月3日、ブランド設立85周年を記念して、創業年から現在に至る1933~2018年の9つの歴代のポロシャツを復刻したアニバーサリーコレクションを発売する。ラインアップはユニセックスのポロシャツ8型、ドレスが3型、シューズが1型、バッグ3型の全15型だ。

 1930年代モデルは、33年に創業者のルネ・ラコステ(Rune Lacoste)がデザインしたポロシャツ“L.12.12”のプロトタイプ(原型)を再現したもの。価格は1万4000円でネイビーブルーとエクリュ(生成り)の2色をそろえる。

 その他は40年代のジャージーニットポロ(1万6000円)や、50年代のポロとスエットを掛け合わせたシャツ(2万1000円)をはじめ、60年代のフルボタンのポロ(1万7000円)、Vネックのテニスドレス(2万1000円)、70年代の白 × ネイビー × 赤のカラーブロッキングが特徴的なポロ(1万5000円)とポロドレス(1万8000円)。80年代のデザインはセーラートップス風のポロ(1万4000円)とポロドレス(1万8000円)で、90年代版は、前面に赤と青の色鮮やかなグラフィックをのせたコットンジャージーポロ(1万5000円)、2000年代では、ジグザグラインのグラフィックをのせたポロ(1万4000円)など、それぞれの年代の特徴的な形や色、素材を取り入れている。

 取り扱いは「ラコステ」日比谷店、渋谷店、小田急百貨店新宿ハルク店、西武百貨店池袋本店、京都店、三宮店、ECを予定。40~60年代のモデルはEC限定で販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら