ファッション

「ラコステ」の“ワニ”が史上初、別の動物に 保護運動の一環で10の絶滅危惧種がモチーフ

 「ラコステ(LACOSTE)」は、アイコンマークであるワニが絶滅危惧種ということにちなみ、国際自然保護連合と提携し、今後3年間絶滅危機動物保護プログラムへの参加する。同プログラムの一環として地球上に残っている10種の絶滅危惧種を刺しゅうしたポロシャツをEU圏内とイギリスで販売し、完売した。なおアジア圏では販売しなかった。

 同ポロシャツはやフクロウオウム、スマトラトラ、サオラなどの絶滅危惧種全10種の地球上に現存している合計数である1775体に合わせた数を生産した。「ラコステ」のクロコダイルのロゴと同じ緑色の糸で刺しゅうを施した。

 また、「ラコステ」2018-19年秋冬コレクションでは、ポロシャツは登場しないが最後の10ルックは絶滅危惧種をテーマにした。

 フェリペ・オリヴェイラ・バティスタ(Felipe Oliveira Baptista)「ラコステ」クリエイティブ・ディレクターは、「誰もがそれについて考えなければならない。自ら服を買うことで環境や原因を助けられるということは素晴らしいことだ」と語った。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら