ファッション

「ラコステ」の“ワニ”が史上初、別の動物に 保護運動の一環で10の絶滅危惧種がモチーフ

 「ラコステ(LACOSTE)」は、アイコンマークであるワニが絶滅危惧種ということにちなみ、国際自然保護連合と提携し、今後3年間絶滅危機動物保護プログラムへの参加する。同プログラムの一環として地球上に残っている10種の絶滅危惧種を刺しゅうしたポロシャツをEU圏内とイギリスで販売し、完売した。なおアジア圏では販売しなかった。

 同ポロシャツはやフクロウオウム、スマトラトラ、サオラなどの絶滅危惧種全10種の地球上に現存している合計数である1775体に合わせた数を生産した。「ラコステ」のクロコダイルのロゴと同じ緑色の糸で刺しゅうを施した。

 また、「ラコステ」2018-19年秋冬コレクションでは、ポロシャツは登場しないが最後の10ルックは絶滅危惧種をテーマにした。

 フェリペ・オリヴェイラ・バティスタ(Felipe Oliveira Baptista)「ラコステ」クリエイティブ・ディレクターは、「誰もがそれについて考えなければならない。自ら服を買うことで環境や原因を助けられるということは素晴らしいことだ」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら