ファッション

「ヴェルサーチ」が54人のモデルを起用し「史上最長」の広告に挑戦

 「ヴェルサーチ(VERSACE)」は2018-19年秋冬コレクションのキャンペーンビジュアルに、多様性の重要さを伝えるために54人のモデルを起用した。ドナテラ・ヴェルサーチ(Donatella Versace)=デザイナーが「史上最長」と言う同広告は、54人のモデルがずらりと並んでポーズをとり、フォトグラファーのスティーブン・マイゼル(Steven Meisel)が撮り下ろした。

 ヴェルサーチは「私のチームはただのチームではない。家族だけでなく、顧客、モデル、ファン、フォトグラファー、スタイリスト、友人、アーティスト含めたヴェルサーチファミリーは、相手や状況に応じて適切な対応をとり、自分の声を人に届けることで前進できると信じている人たち。ファッションはただ注目を浴びるための道具ではなく、注目を浴びて何かを伝えるための手段だと考えている人たちよ」と語る。

 選ばれた54人のモデルは、ジジ・ハディッド(Gigi Hadid)、ベラ・ハディッド(Bella Hadid)、カイア・ガーバー(Kaia Gerber)、アダット・アケチ(Adut Akech)、レクシー・ボリング(Lexi Boling)、ディラン・フェンダー(Dylan Fender)、ジュリア・ノビス(Julia Nobis)、イマン・ハマン(Imaan Hammam)、アデラ・ステンバーグ(Adela Stenberg)ら。キャリアや経験に関係なく起用され、共に「ヴェルサーチ」のロゴを形作った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。