ファッション

「ヴェルサーチ」が54人のモデルを起用し「史上最長」の広告に挑戦

 「ヴェルサーチ(VERSACE)」は2018-19年秋冬コレクションのキャンペーンビジュアルに、多様性の重要さを伝えるために54人のモデルを起用した。ドナテラ・ヴェルサーチ(Donatella Versace)=デザイナーが「史上最長」と言う同広告は、54人のモデルがずらりと並んでポーズをとり、フォトグラファーのスティーブン・マイゼル(Steven Meisel)が撮り下ろした。

 ヴェルサーチは「私のチームはただのチームではない。家族だけでなく、顧客、モデル、ファン、フォトグラファー、スタイリスト、友人、アーティスト含めたヴェルサーチファミリーは、相手や状況に応じて適切な対応をとり、自分の声を人に届けることで前進できると信じている人たち。ファッションはただ注目を浴びるための道具ではなく、注目を浴びて何かを伝えるための手段だと考えている人たちよ」と語る。

 選ばれた54人のモデルは、ジジ・ハディッド(Gigi Hadid)、ベラ・ハディッド(Bella Hadid)、カイア・ガーバー(Kaia Gerber)、アダット・アケチ(Adut Akech)、レクシー・ボリング(Lexi Boling)、ディラン・フェンダー(Dylan Fender)、ジュリア・ノビス(Julia Nobis)、イマン・ハマン(Imaan Hammam)、アデラ・ステンバーグ(Adela Stenberg)ら。キャリアや経験に関係なく起用され、共に「ヴェルサーチ」のロゴを形作った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら