ニュース

まるでクッションファンデ!? 「ケンゾー」が新フレグランスを発売

 「ケンゾー(KENZO)」は7月20日、「フラワー バイ ケンゾー(FLOWER BY KENZO)」からジェル状フレグランス「フラワー バイ ケンゾー クッション」(14g、5500円)を発売する。

 「フラワー バイ ケンゾー クッション」は、プレートを押して出てきたジェルをパフで塗布して使用するという、クッションファンデーションのような仕様だ。香りは、ピンクペッパーのスパイシーなヴァイブラントとローズのみずみずしいフローラル、ムスクとバニラのパウダリーをバランスよく組み合わせた。ミニマルでアイコニックなデザインのパッケージも化粧用コンパクトからインスパイアされ、持ち運びしやすい。

 また、8月10日には真っ赤なボトルが特徴の「フラワー バイ ケンゾー レッド オーデトワレ」(50mL、9300円)も発売。ブラッディマンダリンのフルーティーなトップノートにフルール・ド・セル(大粒の天日塩)の夏らしいミドルが続き、ベースのホワイトムスクがピュアに香りたつ。

 「フラワー バイ ケンゾー」は、香りを持たないポピーの花に香りを与えたならというコンセプトから誕生した。ポピーの花は、コンクリートの隙間からでも花を咲かせるほどの生命力を持つと言われている。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら