ファッション

“スケッチ ミントデザインズ”2019年春夏はイギリスの画家デヴィッド・ホックニーから着想

 東京発のウィメンズブランド「ミントデザインズ(MINTDESIGNS)」は、プレ・コレクション時期に販売するライン“スケッチ ミントデザインズ(SKETCH MINTDESIGNS)”2019年春夏で、イギリスの画家デヴィッド・ホックニー(David Hockney)本人のスタイルから着想したアイテムをそろえる。ホックニーが着用していたストライプのシャツとスラックスを、ミント流にアレンジした。また、ホックニーのアートのポップなカラーとくすんだ色味が独特な作風を取り入れたカラーブロッキングのカットソー(1万2000~1万8000円)やタートルニット(2万円)、ストール(1万4000円)なども登場する。

 またホリデーシーズンのギフト提案にトートバッグ(1万8000円)を数量限定で発売する。表地は「ミントデザインズ」のアーカイブの生地を用いて、中にはポケットと防水加工を施した裏地が付く。ストラップは斜めがけにもできる長さになっているのもポイントだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら