ファッション

韓国で人気の“−5kgジーンズ”を限定発売 「ディーホリック」初の他社ブランド取り扱い

 DHOLIC FBLが運営する「ディーホリック(DHOLIC)」は7月6日、韓国のファッション通販サイト「チュー(Chuu)」の一部商品をルミネエスト新宿店とルクア店で数量限定発売する。
 
 20〜30代女性をメーンターゲットに大人かわいいスタイルを提案する「チュー」は、脚を長くすっきり見せる“−5kgジーンズ”を主力商品に人気を集めるサイトで、昨年には「バブルス原宿」で期間限定ショップをオープンし、日本でも人気を高めている。“−5kgジーンズ”は「楽チンで痩せて見えるパンツを作りたい」というアイデアから、デニム分野で30年以上のノウハウを持つ職人の技を生かし作られた。ワイドやストレート、スキニーなど90型以上を展開し、発売2年目の2017年には累計販売数200万枚を突破した。

 今回の「ディーホリック」では、“−5kgジーンズ”で人気のハイウエストの脚長効果と後ろポケットを高めにしたヒップアップ効果のある“vol. 84”(5493円)、セミハイウエストの“vol. 86”(4730円)の2型と、「チュー」オリジナルライン「ストロベリーミルク(STRAWBERRY MILK)」のTシャツとワンピースを発売する。主な価格帯は2000〜4000円台。

 「ディーホリック」が他社ブランドを取り扱うのは今回が初めて。「チュー」は現在、韓国・ソウルに2店舗、テグに1店舗、台北に1店舗構えている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら