ファッション

ハワイで日焼け止めの販売禁止 サンゴ礁保護のため2021年から

 ハワイ州政府は7月3日、特定成分を含んだ日焼け止めの販売や配布を2021年1月1日から禁止すると発表した。サンゴ礁を含む海洋生態系の保護が目的で、5月に議会を通過していた法案に3日、デビッド・イゲ(David Ige)州知事が署名をして正式に成立した。

 対象となるのは、紫外線吸収剤として配合されるオキシベンゾンとオクティノクセイトを含んだ日焼け止め製品。ハワイ州には17年に938万人の観光客が訪れているが、研究によると化学物質を含む日焼け止めが海洋に蓄積し、サンゴをはじめとする海洋生物に大きな影響を与えているという。

 なお、これらの成分はファンデーションやヘアケア製品などにも使われるが、化粧品として販売されている製品や認可された医療従事者が処方した日焼け止めは対象外となる。また、観光客が持ち込んだ製品も対象外であるため、日本国内販売の影響は少ない見込み。イゲ州知事は「この新しい法案はハワイのサンゴ礁を保護し、復活させるための第一歩だ」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。