ニュース

「イデー」が北欧ビンテージ家具を販売 有名作家の作品含む200点超

 良品計画が運営するインテリアブランド「イデー(IDEE)」は、スウェーデンで買い付けてきた200点を超える北欧のビンテージ家具や雑貨を全国のショップで6月29日から順次展示販売する。取扱店舗はイデーショップ自由が丘店、二子玉川店、六本木店、梅田店やアタッシェ ドゥ イデー(Attache d'IDEE)新宿店などの全店舗。

 取り扱うビンテージ家具の作家はアルヴァ・アアルト(Alvar Aalto)やボーエ・モーエンセン(Borge Mogensen)、カール・マルムステン(Carl Malmsten)ら。

 展示に合わせ、北欧買い付けにまつわるバイヤーによるトークイベントや、スウェーデン人ガラスアーティストのエリック・ホグラン(Erik Hoglund)や陶芸家リサ・ラーソン(Lisa Larson)のビンテージ作品など、北欧に関連する企画展も予定する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら