ニュース

無印良品とイデー、「ミナ ペルホネン」の三者がタッグした「プール」 伊勢丹新宿に初登場

 インテリア・ブランド「イデー(IDEE)」は伊勢丹新宿店本館5階で9月6~12日、国内初「プール(POOL)」のポップアップショップを開催する。「プール」とは、良品計画の商品の生産工程で出るハギレやB品をためて、再生させるというプロジェクト。「ミナ ペルホネン(MINA PERHONEN)」のデザイナーである皆川明が監修を務め、さまざまな企業や団体、アーティストとコラボレーションし新たな価値を加えた商品を生み出している。

 ポップアップショップでは、「無印良品」の白磁シリーズのB品にアーティストのポール・コックス(Paul Cox)や柚木沙弥郎、グイド・デ・ザン(Guid De Zan)らが描き下ろした図柄をプリントした小皿“コロコロのもの”や、ベッドリネンの生産工程で出るハギレに皆川のイラストを刺しゅうしたハンカチやポーチの“エブリデイ シリーズ”、残布を製品染めした“いろいろの服”などを販売する。伊勢丹限定アイテムは“いろいろの服”にドットのパッチワークを施したコートやワンピース、ストールの3点。また、福祉施設であるしょうぶ学園を利用する施設利用者にアーティストとして寄せてもらった作品をプリントしたコートやストールを先行発売する。価格は“コロコロもの”小皿5枚セットが2750円、“エブリデイ シリーズ”のハンカチが450円、“いろいろの服”が2300~1万4000円。伊勢丹限定アイテムが9000~2万円で、先行発売アイテムは7000~1万8000円。「ミナ ペルホネン」の洋服の余り生地を使用した照明なども販売する。

 イデーは「プール」のポップアップを今年5月に1カ月間、「無印良品」のニューヨーク5番街旗艦店で開催。海外ということもあり、価格は日本より高めの設定になったが予想以上に反響があり、ほぼ全商品が期間中に売りきれた。