ファッション

「ディーゼル」「マルジェラ」を擁するOTBが伊サッカーチームを買収

 「ディーゼル(DIESEL)」や「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」「マルニ(MARNI)」「パウラ カデマルトリ(PAULA CADEMARTORI)」「ヴィクター&ロルフ(VIKTOR & ROLF)」を擁するOTBが、2018年1月に倒産したイタリア・ヴィチェンツァを拠点にするサッカーチーム「ヴィチェンツァ・カルチョ(VICENZA CALCIO)」を買収した。契約の詳細は非公表だが、「ディーゼル」創始者のレンツォ・ロッソ(Renzo Rosso)OTB会長が110万ユーロ(約1億4080万円)を投じたと一部では報じられている。

 OTBはイタリアのヴィチェンツァにほど近いブレガンゼを拠点にしている。ロッソ会長は同じくヴィチェンツァにほど近いバッサーノを拠点にするサッカーチーム「バッサーノ・ヴィルトゥス(BASSANO VIRTUS)」も22年にわたって所有しており、イタリア3部リーグに所属するこの両チームを統合する可能性が高い。息子のステファノ・ロッソ(Stefano Rosso)=ディーゼル北米地域最高経営責任者(CEO)が現在「バッサーノ・ヴィルトゥス」のプレジデントを務めている。

 また、「ディーゼル」は16年からミラノのサッカーチーム「ACミラン(AC MILAN)」のオフフィールドのユニホームのデザインを手掛けている。

 OTBのようにファッション企業がサッカーチームをサポートするケースは少なくない。ディエゴ・デッラ・ヴァッレ(Diego Della Valle)=トッズ・グループ会長兼CEOもフィレンツェを拠点にするサッカーチーム「フィオレンティーナ(FIORENTINA)」を所有している他、「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」は「FCバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munchen FC)」に、「ディースクエアード(DSQUARED2)は「マンチェスター・シティ(MANCHESTER CITY)」に、「トラサルディ(TRUSSARDI)」は「ユヴェントスFC(JUVENTUS FC)」にデザインを提供している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら