ファッション

サッカー日本代表が“サムライブルー”を封印 新アウェイユニホームはライトグレー

 2018 FIFA ワールドカップ ロシア大会(2018 FIFA World Cup Russia)に挑むサッカー日本代表は、新アウェイユニホームを発表した。コンセプトは“勝色”で、ベースカラーとなったのは“サムライブルー”と称される青ではなく、白を基調としたライトグレーだ。ユニホームはこれまで同様「アディダス(ADIDAS)」が製作している。

 “サムライブルー”の原点である藍染に立ち返り、藍染する前のまっさらな白い生地にインスピレーションを得たライトグレーの生地は光の当たり方によって色が変わる近未来的な印象で、光り輝く未来を表現している。差し色としても青を一切使わず、ショーツやソックスも白で統一し、背番号と「アディダス」ロゴには赤をあしらうことで、日の丸カラーで全身を固めた。

 今回初めてすべての年代別・性別カテゴリーで統一のデザインを採用。また、左肩のグラフィックはサッカー日本代表が国際大会で初優勝した1992年「AFCアジアカップ」のユニホームデザインを再現したもので、過去の勝利を連想させるデザインとなっている。また、首元の内側にプリントされたサインオフロゴには過去5大会分のユニホームのデザインが組み合わされている。

 新アウェイユニホームは3月23日に行われる、ベルギー・リエージュでの国際親善試合マリ戦で初着用される。また、女子サッカー日本代表のなでしこジャパンは、「AFC女子アジアカップ ヨルダン 2018」大会から着用する。

 新デザインのユニホームは「アディダス」オンラインショップで先行販売中。“アウェイオーセンティックユニフォーム半袖”(1万4000円)や“アウェイオーセンティックショーツ”(5900円)の他、レプリカユニホームがそろう。一般発売は3月27日から全国の「アディダスフットボール」取扱店舗で開始する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら