ファッション

98年W杯モデルの「アディダス」シューズがベッカムの監修でリマスター

 「アディダス(ADIDAS)」は10月31日、フットボールシューズ“プレデター アクセレレイター(Predator Accelerator)”のリマスターモデルを発売した。サッカー元イングランド代表のデヴィッド・ベッカム(David Beckham)と同ブランドとの20年以上にわたるパートナーシップを記念するものだ。製作にあたり、ベッカムは企画やデザインの会議に出席するなど中心的な役割を果たした。自身のキャリアにとって重要なカラーであるレッド、ホワイト、ブラックをシューズに反映したという。トリプルホワイトのスパイク(4万2000円)、トリプルレッドのフットサルシューズ(2万6000円)、トリプルブラックのストリートシューズ(3万円)をラインアップする。

 各シューズのヒール部分にはベッカムのこれまでの背番号がデザインされている。スパイクには「レアル・マドリードCF(REAL MADRID CF)」「ロサンゼルス・ギャラクシー(LOS ANGELES GALAXY)」時代の“23”、フットサルシューズには「マンチェスター・ユナイテッドFC(MANCHESTER UNITED FC)」およびイングランド代表時代の“7”、ストリートシューズには「ACミラン(AC MILAN)」時代の“32”が刻まれている。スパイクとストリートシューズは限定80足、フットサルシューズは限定130足。取り扱い店舗はアディダス公式サイト、サッカーショップKAMO公式サイトなど。取り扱い店舗によってはすでに完売している品番もある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら