ファッション

「ソニア リキエル」創業50周年を祝うショーをパリ・オートクチュール期間に開催

 「ソニア リキエル(SONIA RYKIEL)」は、創業50周年を祝う特別なショーを7月のパリ・オートクチュール会期中に行う。パリ・オートクチュール組合の招待によるもので、コレクション名は、工房を意味する“ラトリエ(L’ATELIER)”。ラインアップは、ジュリー・ドゥ・リブラン(Julie de Libran)=アーティスティック・ディレクターによる作品に加え、ブランドが受け継いできたスピリットやこれまで表現してきた強い女性像の変遷を集大成する。ショーは7月1日11時、フランス国立美術学校(ECOLE DES BEAUX-ARTS)で行われる。

 “ニットの女王”と呼ばれたソニア・リキエルは2016年に死去したが、14年からドゥ・リブランがアーティスティック・ディレクターを務めている。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら