ファッション

「ソニア リキエル」創業50周年を祝うショーをパリ・オートクチュール期間に開催

 「ソニア リキエル(SONIA RYKIEL)」は、創業50周年を祝う特別なショーを7月のパリ・オートクチュール会期中に行う。パリ・オートクチュール組合の招待によるもので、コレクション名は、工房を意味する“ラトリエ(L’ATELIER)”。ラインアップは、ジュリー・ドゥ・リブラン(Julie de Libran)=アーティスティック・ディレクターによる作品に加え、ブランドが受け継いできたスピリットやこれまで表現してきた強い女性像の変遷を集大成する。ショーは7月1日11時、フランス国立美術学校(ECOLE DES BEAUX-ARTS)で行われる。

 “ニットの女王”と呼ばれたソニア・リキエルは2016年に死去したが、14年からドゥ・リブランがアーティスティック・ディレクターを務めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら