ファッション

バーニーズ六本木で森永邦彦「アンリアレイジ」デザイナーとサカナクションの山口一郎がトークセッション開催

 バーニーズ ニューヨーク六本木店は5月27日まで、世界で活躍するジャパンブランドを集めたイベント「ジャパンジャック(JAPAN JACK)」を開催している。同店では数年ぶりの取り扱いとなる「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」や、東京ストリートを体現する「ブラックアイパッチ(BLACKEYEPATCH)」、日本の伝統織物技術をベースに現代的な素材や刺しゅう技術で独特のスタイルを表現する「クリスチャン ダダ(CHRISTIAN DADA)」などをそろえている。

 また25~27日限定で、日本を代表するブランドの一つとして「アンリアレイジ(ANREALAGE)」の18年春夏コレクションを一挙に紹介。期間中は、“パワー”をテーマにしたメンズコレクションをバリエーション豊富に用意する他、クリアボディーに花柄をウォータープリントした「ベアブリック(BE@RBRICK)」(1万5000円)やパッチワークTシャツなどをイベント限定で発売する。「カマルク(KAMARQ)」によるスピーカー内蔵型テーブル“サウンドテーブル(SOUND TABLE)”(26万円)の「アンリアレイジ」モデルも販売する。サカナクションの山口一郎が「アンリアレイジ」青山店のために手掛けた12曲が収録された26台限定となる。

 なお、今回のイベント開催を記念して26日19時から、「アンリアレイジ」の森永邦彦デザイナーとサカナクションの山口一郎のトークセッションを六本木店で開催。抽選で100人を招待する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら