ニュース

「ブラックアイパッチ」がバーニーズ新宿で“取扱注意”なポップアップ 別注アイテムも用意

 「ブラックアイパッチ(BLACKEYEPATCH)」は、バーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)新宿店で4月28日~5月6日の期間でポップアップストアをオープンする。初日、2日目は同店9階で、それ以降は8階での開催となる。ポップアップは新宿店の後、国内のバーニーズ ニューヨーク各店を巡回する予定。

 アイテムは「ブラックアイパッチ」おなじみの“取扱注意”ロゴが配された通常商品の他、同ブランドのアイデンティティーであるヒップホップとステッカーの要素を取り込んだ、バーニーズ ニューヨーク別注のTシャツ3型、キャップ、ソックスの計5型を用意する。価格はTシャツ6800円、キャップ6000円、ソックス2500円。それぞれのアイテムにプリントされた “BNYS”のロゴデザインが特徴的だ。一見“バーニーズ ニューヨーク”の略のようだが、実は“BANDS AND YELLOW STACKS(バンズと日本人の大金)”という意味で、スラング感を盛り込んでいる。

 オープン初日の4月28日には、バーニーズ ニューヨーク新宿店でオープニングパーティーを開催する。会場には「ブラックアイパッチ」の2018年春夏コレクションでランウエイショーモデルを務めたKANDYTOWNのIOとGOTTZが、DJにはDJ NISHIMAが登場しライブを行う予定。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら