ニュース

「メルカリ」がセブン‐イレブンで匿名発送サービスを開始

 フリマアプリ「メルカリ(MERCARI)」が5月7日、セブン‐イレブン・ジャパン、ヤマト運輸と提携し、出品した荷物の発送サービス「らくらくメルカリ便」を全国約2万カ所にあるセブン-イレブンで開始する。配送用の2次元コードをコンビニ店頭の端末にかざすだけで、宛名書き不要・レジ会計不要の発送手続きが可能となる。

 「らくらくメルカリ便」はメルカリとヤマト運輸が2015年4月に開始したサービスで、個人情報を開示せずに安心に取引できる匿名配送やコンビニや自宅まで荷物を取りに来てもらえる集荷機能、全国均一料金制度などを実施してきた。これまではヤマト営業所やファミリーマート、サークルKサンクス、自宅での集荷が可能だった。メルカリはこの他にも郵便局、ローソンからの発送が可能な「ゆうゆうメルカリ便」を導入している。

 提携の理由についてメルカリは、「月間の流通額が100億円を超え、1日の出品数も100万品を超える成長を遂げており、多くの顧客からさらなる発送窓口拡大を望む声があった」としている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら