ニュース

「インテグレート」とパ・リーグが2年連続コラボ シーズン通じて女性観戦を盛り上げ

 資生堂の「インテグレート(INTEGRATE)」は、プロ野球のパシフィック・リーグ6球団と2年連続となるコラボ企画を行う。“女性のスポーツ観戦文化を創造する”という目的のもと、企画は今シーズンを通して行われる。

 今年は球団マスコットやチアガールがブランド製品を使用して“勝利のハートメイク”を施す他、ファンがメイクを体験できる企画として、メイクブースを各球場(福岡・ヤフオクドーム除く)に常設し、球団マスコットとの撮影が楽しめるフォトブースも設置する。各球団の女性イベントデーでは、特設ブースで資生堂スタッフがメイクアップをサポートする。

 パ・リーグが運営するサイト「パ・リーグ.com」内には特設サイトを開き、“勝利のハートメイク”のハウツー動画や女性向けコンテンツを継続的に配信するなど球場以外でも盛り上げる。

 プロ野球の観客動員は近年増加傾向にあり、パ・リーグ全体では2016年から2年連続で年間1111万人を超える入場者数で1試合あたり平均2万5000人を超えた。そうした中で、女性の野球ファンがチームカラーを身につけて一体感やおしゃれを楽しむ意識が高まっており、「埼玉西武ライオンズ」は5月に球団初の女性限定ユニホームを配布するなど女性向けの野球イベントが盛り上がりを見せている。