ファッション

青山ブックセンター六本木店が6月に閉店

 ブックオフコーポレーション傘下の書店「青山ブックセンター六本木店」は6月25日に閉店する。今後は表参道の青山ブックセンター本店に統合される。ポイントカードは引き続き青山ブックセンター本店で利用できる。同店は東京・六本木交差点に近い好立地で、近隣にはブックファースト六本木店、TSUTAYA東京六本木店などの書店が集まっている。

 青山ブックセンター六本木店は、デザインやアート分野に強い品ぞろえが魅力で、クリエイターをはじめとする著名人が利用してきた。かつては深夜営業を行うことでも有名だった。

 ブックオフコーポレーションは2008年11月、青山ブックセンターおよび流水書房の運営事業を譲り受け、運営会社として青山ブックセンターを設立。12年4月、子会社のブラスメディアコーポレーション(現B&H)に吸収合併した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら