ビジネス

レブロン17年度は赤字拡大 CEOは空席

 レブロン(REVLON)の2017年12月期決算は、売上高が前期比15.4%増の26億9370万ドル(約2801億円)の増収で、純損失は前期の2190万ドル(約22億円)から1億8320万ドル(約190億円)に膨らんだ。前期に1億5530万ドル(約161億円)だった営業利益は一転、2230万ドル(約23億円)の損失となった。

 同社は損失の理由に、16年6月に買収した「エリザベス アーデン(ELIZABETH ARDEN)」の統合を含む再編費用7200万ドル(約74億円)がかさんだことを挙げた。この結果を受け、1月にファビアン・ガルシア(Fabian Garcia)前社長兼最高経営責任者は就任からわずか2年足らずで同職を退任。後任はまだ決まっていない。

 部門別では、コンシューマー事業部の売上高が同7.3%減の12億8850万ドル(約1340億円)、エリザベス アーデン事業部が同115.8%増の9億5250万ドル(約990億円)、プロフェッショナル事業部が同9.3%減の4億3220万ドル(約449億円)だった。

 マス市場で小売り事業が苦戦する中、「エリザベス アーデン」の買収は同社に新たな商機をもたらしたものの、期待していた以上のシナジー効果はすぐに得られず、当初1億9000万ドル(約197億円)と推定していた経費削減額は、6900万ドル(約71億円)に終わった。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら