ビジネス

レブロン17年度は赤字拡大 CEOは空席

 レブロン(REVLON)の2017年12月期決算は、売上高が前期比15.4%増の26億9370万ドル(約2801億円)の増収で、純損失は前期の2190万ドル(約22億円)から1億8320万ドル(約190億円)に膨らんだ。前期に1億5530万ドル(約161億円)だった営業利益は一転、2230万ドル(約23億円)の損失となった。

 同社は損失の理由に、16年6月に買収した「エリザベス アーデン(ELIZABETH ARDEN)」の統合を含む再編費用7200万ドル(約74億円)がかさんだことを挙げた。この結果を受け、1月にファビアン・ガルシア(Fabian Garcia)前社長兼最高経営責任者は就任からわずか2年足らずで同職を退任。後任はまだ決まっていない。

 部門別では、コンシューマー事業部の売上高が同7.3%減の12億8850万ドル(約1340億円)、エリザベス アーデン事業部が同115.8%増の9億5250万ドル(約990億円)、プロフェッショナル事業部が同9.3%減の4億3220万ドル(約449億円)だった。

 マス市場で小売り事業が苦戦する中、「エリザベス アーデン」の買収は同社に新たな商機をもたらしたものの、期待していた以上のシナジー効果はすぐに得られず、当初1億9000万ドル(約197億円)と推定していた経費削減額は、6900万ドル(約71億円)に終わった。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら