ファッション

日本製シルク、地中に埋めてパリで提案

 日本の繊維メーカー6社が合同で展開するライフスタイルブランド「シルク(CILK)」は3月17日まで、パリのマレ地区のギャラリーで展示会を開催中だ。カイコの餌である桑を使ったボタニカルダイや、自然発酵をテーマにシルクの産地の土中に埋めて加工するなど、経年変化をあえて成熟と捉え、新たな表現に挑戦している。

 「シルク」は、東京・原宿のセレクトショップミキリハッシンのオーナーで、スタイリストの山口壮太がディレクターを務め、日本ではウエアを、海外ではテキスタイルをメーンに発表。ニットのカワノ(新潟県五泉市)、ジャカードで知られるマルナカ(埼玉県飯能市)、産元商社の丸中(群馬県桐生市)、都心部で製品染めなどを行う内田染工(東京都文京区)、シルクのスカーフで知られる丸加(神奈川県横浜市)、富士吉田のシルクメーカーがタッグを組む甲斐絹座(かいきざ、富士吉田市)の6社が参加している。

■cilk 2019 S/S TEXTILE COLLECTION “VERS UNE ALTERATION TURELLE”
日程:2月20日〜3月17日
時間:10:00〜18:00
場所:Atelier Blancs Manteaux
住所:38 Rue des Blancs Manteaux, 75004 Paris

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら